始めまして、初めての投稿のなまみです。

現在、埼玉某所にすんでいます。今日は引っ越しの時の家賃交渉について体験談をちょっと記事にしますね。

みなさんは、お引越しされる時、家賃の交渉はしていますか?私は絶対にします。そもそも今現在賃貸は空きが多くなっていて大家さんも頭を抱えている状況です。とはいえ私たちは「少しでも安く」気に入った所に住みたいですよね~。なのでここはお構いなしに交渉しましょう。

交渉する時のコツ。

とは言っても大した事はしていないです。まず不動産屋さんに行って物件を紹介してもらいますよね?基本、色々見て決めるタイプなので実際の物件を見ます。その時に空き部屋の様子も営業の方に聞いたりしてます。実際にいいなと思った物件が見つかったら以下の内容で交渉に入ります。

①長く住む意向がある
②どうしてもここまでしか出せない
③この値段なら決めます

という事。ね、誰でもやってそうですよね。

でも実際、周りの話を聞くと意外と交渉をしていない人も多いんです。私の場合、むしろ正規の値段で住んだ事無い位です。今の所も3000円ですが、安くしてもらってます。

大事なのは本当に住むという所。

値段交渉に持ち込んでも、そこに住む気が無ければ、折角家賃を下げてもらっても意味がないですからね。慣れている不動産屋さんだと、逆に「この物件に決めてくれるなら交渉します」と言ってくる人もいます。その場合はそのまま申し込みましょう。でも、自分の希望の家賃はしっかり先方に伝えて、家賃交渉が無理なら住めない!と言えば大丈夫です。

人気の物件は厳しいです。

そう、先ほども書きましたが空き部屋が無く、人気の物件は厳しいので交渉はしますが、ダメならあきらめましょう。でも1度は交渉しましょうね。ここは引き際も大切です。あまりしつこくすると次の時、いい物件を紹介してもらえない場合も考慮してくださいね。

物件を選ぶ時は朝と夜見るようにする。

これは外観というか、建物の周りの雰囲気のお話です。どちらだけしか見ないと意外と気が付かない所が多いです。例えば昼にしか見ていなくてたまたま隣の人が仕事で留守でした。実は夜に帰ってきて結構うるさいなどの事も考えられます。一度入居してしまうと後戻りができないので特に女性は気がひけるかもしれませんが、不動産屋さんに素直に話して2回見せてもらいましょうね。心良く引き受けてくれるはずです。

まとめ

引っ越しは新しい環境になり、心身ともに希望が湧いてきます。また、賃貸物件選びに失敗してしまうほど大きなストレスはありません。少しでも安く、自分のお気に入りに住むには労力を惜しんではダメですよ。

あと、引っ越しの手続きも忘れずにね!

住みたい街ランキング2017年版…おお!



The following two tabs change content below.
女性3人と男性2人の合計5人で執筆する雑記ブログ。意外と知らない情報やしってて得するちょっとした事を記事にしてます。お金の事、副業の経験談、お肌の悩み、簡単レシピ、副業のノウハウ、生活に意外と絡んでくるミニ情報などなど。