犬には犬なりのあなたを信頼しています!というアピールがあります。有名な物から、「あ!これもそうなんだ!」と思う物まで色々ですね。特に愛情豊かな犬だからこそ出来る物まで。私もペットを飼っています。

以前もこちらの記事でご紹介させてもらった「ぷーちゃん」です。

我が家の愛犬が10歳になり考える事

さて本題に入ります!(笑)

①仰向けになる


この姿に癒される人って日本で何万人いるんでしょうか?最初に私がぷーちゃんのこの姿を見た時には感動がやみませんでした。絶対この子を一生大事に育てよう!って(笑)

この仰向けの姿dすが、お腹はワンコにとってとっても大事な場所。いぬはそこを襲われたら当然命に係わる大事な部分です。要するに弱点な訳ですね。このお腹は相手や敵に見せてしまうと当然襲われます。そういった危険を感知する能力は生まれながらに持っていますので「危ない」という防衛本能でお腹は基本見せません!

…が、信頼関係が出来たり、飼い主様に絶対的な安心を持っていると「ゴロン」としてくれる訳です。うちのぷ~ちゃんは常にお腹出しっぱなしですwww。でも嬉しいですよね。この瞬間は何回見ても^^

②顔を鼻でちょんと当ててくる

最初、私はこれをしりませんでした。これを知った時に「あ!」と思う事がいくつもあり、にやけました(笑)

仕草としては、愛犬がご主人様の顔を鼻で「つんつん」してくるイメージです。これもワンちゃんがご主人様に心を許した時に見るサインの一つなんです。ワンちゃんが鼻でつんつんしてくる場合ですが、意味としては「あなたのことを信頼していますよ」「あなたは私のリーダーです」と言う意味があるそうです。つまり信頼もしている、自分より立場が上で信頼しているという事。これは野生で生きる上下関係をしっかり築けている証拠だそうですよ。

たまに鼻水垂らしている時にされるので、顔が汚れます(笑)

③尻尾をゆっくり振る

これ、実は結構よくあるのでは?と思います。

犬にとって尻尾程感情を出す部分はありません。その位気持ちを表すパラメーターとなっています。尻尾を左右に振るという事は、あなたを見て安心している証拠です。さらにゆっくり尻尾を振るという部分が重要で、これは今「機嫌がいいんだ!」とわんちゃんが言っていると思ってください。あなたの事を見て尻尾をゆっくり振っているという事は、あなたを見て安心して機嫌がいい!と言う事になります。

ワンちゃんは凄いですね。いろんな感情表現があって。

④おしりをくっつける

これ、うちのワンコ、本当に良くやります…と言うか目の前にお尻がある場合、テレビが見れなかったりスマホいじっていると目の前に来てお尻くっつけます…

基本、お腹を見せると同等の意味があります。よく仕事から帰ったりしたら背中を見せながら走っていくことありませんか?あれも同じです。要はお尻は背後となります。背を向けるという意味ですね。簡単に言うと信頼していない人には絶対に背は向けないですし、お尻はくっつけません。要は自分が見えない場所で死角となります。お尻をくっつけるという事は、わんちゃんが僕の背中よろしくね!しっかり守ってね!と言っています。完全に信頼されている証ですね。

まとめ

どうですか?ちなみに私のプーちゃんはコンプリートです。正直この記事を書いている横でお腹を出して寝ています。(半分口をあけて…)。言葉が話せない分、愛情豊かなワンコは色々な方法で愛情を表現してきます。大事に大事に育ててあげて下さいね!その分きっともっと大きな愛情で返してくれます。

The following two tabs change content below.
女性3人と男性2人の合計5人で執筆する雑記ブログ。意外と知らない情報やしってて得するちょっとした事を記事にしてます。お金の事、副業の経験談、お肌の悩み、簡単レシピ、副業のノウハウ、生活に意外と絡んでくるミニ情報などなど。